光陵日誌

さいたまサステナブル都市サミットでパフォーマンスを披露しました

11月22日(火)、脱炭素社会、持続可能な都市の実現を目指し、電気自動車などの普及を推進しているさいたま市が開催した国際会議「さいたまサステナブル都市サミット~E-KIZUNAグローバルサミット~」のウェルカムパーティーで、本校生がパフォーマンスを披露しました。
パフォーマンスでは、美術科の生徒がデザインした料紙に、音楽科の生徒の演奏に合わせて、書道科の生徒が揮毫しました。
料紙のデザインは、同心円と放射状の線を描くことで「つながり」と「発展」を表現しました。円や線が完成していないのは、発展途上中であることを意識しています。サミットの名まえをメインカラーの緑で、「私たち」と「実現」の文字を赤で表現して、「私たちが実現する」という情熱を示しました。そして、これから築いていく未来への可能性を信じて「未来」と大きく表現しました。
音楽・美術・書道によるパフォーマンスに、海外からの参加者された多くの方も含め、会場の皆様から大きな拍手をいただきました。

  

  

  

0

【地理総合】フィールドワーク(秋)_防災・災害対策を考える

フィールドワークとは,地形図や史料をもとに、実際にその場所を訪れ観察する学習です。◆今回は大宮光陵高校が緊急避難場所に指定されていることを踏まえて、「防災・災害対策」をテーマにしています。事前にハザードマップや地形図、さらに電子地図(地理院地図)で付近の標高を確認してから本校周辺を歩いて回りました。◆写真は,スマートフォンを使用して標高を色別に設定している様子と、関沼とよばれる堰堤(えんてい)を訪れた際の様子です。◆この学習では、自分の住む地域の「いざという時の備え」も考察するよう生徒に投げかけています。ご家庭でも改めて「防災・災害対策」考えてみてはどうでしょう。

   

注)写真の一部は、6月実施のものを掲載しています。

0

11月14日(月) 修学旅行 4日目

修学旅行最終日は、クラス別の体験活動でした。

各クラスで選択した着付け体験、保津川下り、八つ橋づくりなどの体験をしました。

午後の新幹線で帰路につきました。4日間、様々な経験をし、学びの多い修学旅行となりました。

  

  

0

11月12日(土) 修学旅行 2日目

修学旅行2日目。午前中は神戸市内で班別研修をしました。北野異人館街街や、旧居留地、南京町などを散策しました。

午後は、宝塚大劇場で、月組公演「ディミトリ〜曙光に散る、紫の花〜」を観劇をしました。

今日も充実した研修ができました。

  

  

  

0