2021年6月の記事一覧

SDGs大宮光陵プロジェクト2021 講演会2

 1年生「総合的な探究の時間」の「SDGs大宮光陵プロジェクト2021」で、6月24日(木)に「見えないことが見えてくる~視覚障害者と一緒に考える多様性の広げ方」というテーマでダイアログ・イン・ザダークの瀬戸洋平さんにお話しいただきました。

 全盲の瀬戸さん(ニックネーム:せとせっと)に、拍手の音で男女の人数やクラスの位置を伝えます。そして、野菜やくだものの分け方から、ものの違いや共通点をみていきます。そして、せとせっとと生徒たちとの違いや同じことを考えてみました。文字盤を触って時間が分かる時計やiPhoneの使い方、どうやって人を好きになるか、などのお話しに生徒は興味津々。「点字ブロックのない場所ではどうするか」「好きな色は何か」「聴覚障害の方とはどうやってコミュニケーションをとるのか」などの質問も出ました。講演後の感想には「せとせっとと出会えて良かった」「様々な人に興味を持って知ろうとすることが多様性を広げることにつながる」「ユニバーサルデザインのものを増やしたい」などとあり、様々な気付きがあったようです。

 SDGsの「誰も置き去りにしない世界」を考える上で欠かせない多様性の視点を広げ、人や社会に興味を持つきっかけになりました。

    

 

   

0

6月18日【地理】フィールドワーク(初夏)

フィールドワークとは、地形図や史料をもとに、実際にその場所を訪れ観察する学習です。

今回は河川中流域の「地形」と「防災」をテーマに、ハザードマップや地形図で事前学習を行い実施しました。この地域は、荒川と鴨川に挟まれ、かつては洪水が多い「氾濫原」に位置しています。大宮光陵高校は、一昨年10月の台風19号の際に避難場所として地域の方々を受け入れています。

◆フィールドワークでは、関沼とよばれる堰堤(えんてい)を訪れその役割を考えました。また水判土(みずはた)の慈眼寺では付近の土地利用の移り変わりを地形図とともに見比べました。生徒からは「この辺りの高低差が実感できた。」「地域を知ることも日頃の備えになると思う」との感想がありました。◆フィールドワークは季節やその日の天気、昨年と今年は特に環境の変化も重要な要素で、地域の方々の協力を得ながら実施しています。この他、本校の近くには古墳群(6世紀頃建造)や植水公民館に併設されている民具収蔵庫、荒川から取水する大久保浄水場など様々な地域資源があり、2学期に「フィールドワーク(秋)」を行う予定です。
   

写真は,関沼とよばれる堰堤(えんてい)と水判土(みずはた)の慈眼寺を訪れた様子です。

0

SDGs大宮光陵プロジェクト2021 講演会

 1年生の「総合的な探究の時間」では「“いままで”と“これから”を考えて、ちょっといい未来をつくる」というテーマで、身近なことから見つめなおし、自分なりのアイデアを発信するSDGsのプロジェクトを行います。「Step1 問題を知る」⇒「Step2 自分の関心のあるテーマを深く掘り下げる」⇒「Step3 自分のアイデアを発信する」というプロセスで展開します。

 6月17日(木)には、「問題を知る」ために神奈川県平塚市でNPO法人未来経験プロジェクト「こども食堂」を運営さている堤園子先生にご講演いただきました。堤先生は、地域みんなで家族を支え、地域で子どもを育てる社会を目指し、様々な人々を巻き込みながら組織を運営され、親子を孤立させない居場所づくりをされており、「問題を知る」ための視点をたくさん提供していいただきました。講演の最後に「伝え続け、働き続け、仲間を募って「ちょっといい未来」を創ろう。一緒にこの世界で生きていこう。」というメッセージもいただきました。

 講演終了後にも、先生に質問したり、アドバイスをいただいたりしている生徒もいました。

     

   

 

 本校では、講演会や集会などの放送設備の準備や調整などを、放送部員が一手に引き受けています。この講演会も、放送部員の活躍で滞りなく行うことができました。放送部のみなさん、おつかれさまでした!

    

0

生徒総会

 6月7日(月)第7限に生徒総会を開催しました。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、リモートでの開催とし、視聴覚室から各教室に配信しました。今回の配信も、生徒会本部役員と放送部員が協力して行いました。

 昨年度の活動報告、決算報告や今年度の活動計画、予算案などが提案され、すべての議案が承認されました。計画に沿って、今年度の生徒会活動が展開されることになります。

  

 

0

体育祭

6月3日(木)、体育祭を開催しました。天候にも恵まれ、一人ひとりが全力で競技やパファーマンスに取り組み、スタッフとしての役割を果たして、素晴らしい体育祭にすることができました。

  

 

   

  

   

 

 

 

 

0