2020年12月の記事一覧

12月23日(水) 防火防災訓練を実施

 本日午前、本校において、防火防災訓練を実施しました。

 新型コロナウイルス感染症対策を講じながらの実施となった今回は、消防署員の皆様のご指導のもと、地震により火災が発生したという設定での訓練でした。

 生徒は落ち着いて黙々とグランドに避難でき、消防官の指導講評でもその点を評価いただきました。

その後、3年生は各教室に戻って防災について資料を用いて学びました。2年生は消防署員の方のご指導で水消火器を用いた訓練を行いました。1年生は起震車体験を行いました。

1,2年生全員が体験訓練をしたわけではありませんでしたが、皆真面目に真剣に取り組んでいました。

 本日ご指導いただきました消防署員の皆様、本日はありがとうございました。

 

0

12月21日【ルール革命委員会】考えるキッカケに(その2)

◆本校生徒なら誰でも知る委員会。先日(12/2)の校長先生との懇話会に続き、先生方との懇話会「トークセッション」で意見交換を行いました。ルール革命委員からは先生たちに質問票が出され、これをもとに生徒と先生一緒に考える時間を持つことができました。◆おもな質問は、
・学校内スマホ使用のメリットとデメリットなにか?
・生徒へのアンケートで「ゲ―ムがしたい」という意見があったが、学校内でのゲームはどう思うか?
・生徒にルールを守ってもらうにはどうすればいいか?
などです。さて、皆さんはどう思いますか???

◆埼玉新聞(12/22付)にてルール革命委員の取組みが「スマホの緩和どこまで」の見出しで掲載されました。内容は…頑張って手に入れて読んでみてください。(本校生徒にはルール革命通信と合せて配布します。)

 

0

12月21日国際理解教育特別講演会

 外国語コース1年生と2年生を対象に、埼玉県教育局県立学校部高校教育指導課の スミヒロ・シセラ・マリエン 様から御講演をいただきました。

 アルゼンチンの位置、国旗、国歌、文化、伝統芸能、盛んなスポーツや観光地の紹介に続いて、日本との違いについて、クイズを交えながらのお話に、生徒たちも大変興味深く聴き入っていました。大学を卒業する際に、英語を習得することの必要性を感じたこと、外国語を学ぶことで世界の人々とのコミュニケーションが広がること、留学や海外で働く機会があればチャレンジしてほしい、と生徒に向けたメッセージも頂戴しました。

 最後に、”Hola me nombre es ~”、”Yo soy de JAPON."、"Mucho Gusto."、"Gracias"等、スペイン語での簡単な挨拶についてもレクチャーをしていただきました。

0

12月18日(金) 高校生のための教員志望者説明会を開催

 本日放課後、本校視聴覚教室において、毎年恒例の「高校生のための教員志望者説明会」を開催しました。

 今年度は、県の教職員採用課より採用試験担当の福島主事を講師としてお招きし、前半は職場環境から始まり、主な仕事内容や学校の働き方改革に至るまでその魅力について余すことなくお話しいただき、後半は教員になるための具体的な方法について、教員免許状ことや採用について分かりやすく情報提供をしていただき、実際の採用試験問題にもチャレンジさせるなど大変有意義な時間をご提供いただきました。

 終了後は何人かの生徒からの質問に個別にご対応いただき、この説明会が、生徒にとって教員を目指すとい気持ちを再認識させる良いきっかけとなればと願ってやみません。

 

0

12月18日(金) 保健講話開催

 本日、全校生徒対象の保健講話が本校体育館を会場に開催されましたが、コロナ対策ということで、1日がかりで学年毎に分散しての開催となりました。

 今年度は、「多様な性ってなんだろう?~互いの違いを受止めあえる社会を目指して~」と題して、特定非営利活動法人ReBitの方2名と某コーヒー販売メーカーより2名の方を講師にお迎えし、実際に”今”を生きているLGBTの生の声を届けることで、無機質な情報や知識だけでは伝わりきらない人肌の温度での理解・共感につなげ、「自身も含め、皆が多様な中の一人である」ということの体感的理解を促進するという内容で、各学年の会とも、生徒たちが真剣な眼差しを向け、一生懸命聞き入っている姿を見るにつけ、その思いは確実に伝わったのではないかと思いました。その証拠に、学年毎終了後に行われた個別相談は大盛況で、応じてくださった講師の方々はもちろん、本校養護教諭をはじめとするスタッフも大わらわでした。

 本日はありがとうございました。

 

0

12月5日(土) 【書道科】第4回説明会(最終)開催

 本日、本年度最後となる第4回書道科説明会が開催されました。

 今回も過去3回同様、3密対策の観点から全体を午前・午後の2回に分けて開催しました。およそ60名の中学生及び保護者の皆様にご参加いただきました。

 今回は最後ということと受検本番も近いということで、実技検査に重きを置き、第一書道室にて前回同様の実技講習会を実施しました。(本日も個別相談は希望者中心に行いました)

 本番さながらに、各机に一人ずつ着席して一定時間内に漢字とかなを書きます。次に保護者の方々がお子さまとご一緒に着席していただいてから、書道科職員による講習会となります。講習会では、漢字・かなそれぞれに合った筆選びから始まり、字形の取り方や点画の太さ・長さなど様々な解説があり、そして、最後にそれを踏まえた上であらためて清書しました。その際には、書道科職員全員で巡回し、一緒に筆を持って書くなどのアドバイスをしました。

 ご参加いただいた生徒の皆さんは、良い意味での緊張感漂う中、真剣な面持ちで取り組んでいました。入試に向けた、より一層の実践力を身に着けていただけたものと思います。

 全体的な説明会は今回で終了ですが、個別相談は引き続き実施します。詳しくは本校ホームページをご覧ください。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

0

12月2日【ルール革命委員会】考えるキッカケに

本校生徒なら誰でも知る委員会。情報モラルの啓発を軸に2年目の活動になりました。その目標は、「学校でのスマホの扱いを生徒主体・生徒自治で見直そう。ルールやモラル、判断力を身に付けよう」というもので校内でのスマートフォンをはじめとするネット利用のあり方を検討し、話合いを重ねています。◆生徒や先生方へのアンケート、学校行事でのスマホの扱い等々、これらを(ほぼ)月1回『ルール革命通信』を発行し、学校全体に良き波紋と考えるキッカケを作っています。昨年は、校内規程の改定と合せて、大宮光陵高校『ネット利用3ないルール』を作成しました。
1.学業に支障がないようネットに依存しない。

2.相手の同意がない写真・動画は掲載しない。

3.状況にふさわしくない使用はしない。

◆この日は校長先生との懇話会で意見交換を行い、昼休みや学校行事でスマホの使用という話題で、校長先生からは「自由と責任」「革命はその後取り組みが重要」との言葉がありました。◆スマートフォンやネットが原因のトラブルやマナー違反は、高校生だけではなく社会が抱える課題です。ご家庭でも、改めて考えるキッカケにしてみてください。
※穏やか、真剣な表情は承諾を得て掲載しています。
 


0