9月29日(火)【書道科】本日より2,3年選択の作品装丁始まる

作品装丁は、書道科2・3年の選択授業です。

1学期には、伝統工芸士の大木ゆき江先生から、小川和紙の製法を学んでいます。

2学期は特別非常勤講師として、福田行雄先生をお招きし料紙加工について学んでいます。

料紙加工では2年次に料紙を制作、3年次に製本に取り組み、2年間をかけて1冊の冊子を制作するという流れで進めています。

 

料紙とは、染料で色を染める、箔をふる、文様を刷るなどの加工を施した紙のことです。

9月29日

2年

・唐紙を製作する

3年

・箔加工(箔をふる)

10月6日

2年

・唐紙にローラーをかけ表面を整える

・ぼかし染めをする

3年

・製本

・表紙用の料紙加工(胡粉で文様を刷る)

10月13日

2年

・ぼかし染めをした料紙に箔をふる

・染紙作成

3年

・表紙の箔加工

10月27日

2年

・色のついた唐紙の作成

・破り継ぎ①(型に合わせて料紙を破る)

 

 3年

・本紙の裁断

・本紙と表紙の貼り付け

・八双貼り付け

11月10日

2年

・破り継ぎ②(破いた料紙を貼り合わせる)

3年

・表紙の裁断

・見返し(表紙の裏)に紅葉を書く

11月17日

2年

・破り継ぎ③(先週に引き続き紙を継ぐ)

3年

・制作年月日を書く

・箱を作る(箱に使用した和紙は1学期に作成した和紙です)