【地理総合】フィールドワーク(秋)_防災・災害対策を考える

フィールドワークとは,地形図や史料をもとに、実際にその場所を訪れ観察する学習です。◆今回は大宮光陵高校が緊急避難場所に指定されていることを踏まえて、「防災・災害対策」をテーマにしています。事前にハザードマップや地形図、さらに電子地図(地理院地図)で付近の標高を確認してから本校周辺を歩いて回りました。◆写真は,スマートフォンを使用して標高を色別に設定している様子と、関沼とよばれる堰堤(えんてい)を訪れた際の様子です。◆この学習では、自分の住む地域の「いざという時の備え」も考察するよう生徒に投げかけています。ご家庭でも改めて「防災・災害対策」考えてみてはどうでしょう。

   

注)写真の一部は、6月実施のものを掲載しています。