10月2日  未来学び「研究授業」

本校は、埼玉県教育委員会から「未来を拓く『学び』プロジェクト」の研究開発校に指定されており、その教育活動の一環として、他校の教員等を迎えて研究授業を実施しました。

 2限に国語(古典)、3限に数学の授業を、4限に研究協議を実施しました。2つの授業は、内容は違いますが、ともに今回の授業研究での主題である「ジグソー法」の手法で組み立てられたものです。

 ジグソー法とは、はじめにいくつかのグループに分けて異なる内容を学習します。次にそれぞれのグループからメンバーが集まり新しいグループをつくります。その新しいグループのメンバーが持っている学習内容を交換・統合して最終的な課題の解決を図るというものです。それぞれの持つピースを組み合わせることで全体像を浮かび上がらせることからこの名が付いています。

 他校や県教育員会からも出席をいただいたほか、教育実習生も参加して活気ある研究授業となりました。

 これからも生徒にとって実りある授業の推進に力を入れて参ります。