光陵日誌

9月7日 光陵祭 一般公開

天候にも恵まれ、多くの方が御来校くださいました。ありがとうございます。

浴衣を着た茶道部員がお点前を披露し、その傍らには、華道や書道の作品が展示されているなど、落ち着いた雰囲気の会場があったり、音楽科生徒のミュージカルや合唱部の発表で超満員になっている部屋があったり、バラエティーに富んだ発表がありました。

 図書委員会の古本市や調理部のフェアトレードクッキー販売など、恒例になっている取組は今年も健在です。

 広い中庭では、書道科3年生のダイナミックかつ繊細なパフォーマンス、有志の爽やかな歌声なども披露されていました。活動の様子、ご覧になってくださいましたでしょうか。光陵生のエネルギーを少しでもお持ち帰りになってくださっていれば幸いです。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

9月7日 光陵祭 熊本復興支援プロジェクト

生徒会本部と光陵祭実行委員会は、光陵祭期間中に物品販売をし、その売り上げを災害に遭われた地区等に送る取り組みをしています。

 昨年度は、東日本大震災で被災した気仙沼と連携しましたが、今年度は熊本と連携して取組を進めました。

 有名なゆるキャラ「くまモン」と本校のキャラクター「ルミナ」がコラボしたトートバックなど、3種類のトートバックを販売しました。このあと、売り上げはを送金します。

 互いに助け合う、このような気持ちは大切に育んでいって欲しいものです。

  

 

0

9月7日 光陵祭 夜のアーチ

以前にご案内しました、夜のアーチ。ご紹介します。

ストロボ撮影すると、本当のネオンサインのように見えます。実際には自分で光っているわけではないのですが、ペイントの関係などで、このようになります。この夜のアーチ、実は生徒や教職員でも知らない人が多いのです。知っているのは、ストロボ撮影したほんの一握りの人たちだけです。

いかがですか。

  

 

0

9月6日(金)光陵祭 第1日 校内公開

光陵祭の1日目は校内公開です。在校生だけの時間です。 体育館での「開祭式」で幕が開きました。

 初めにアーチ作成の映像が流れ、光陵祭開始のテンションが高まったところで、実行委員長がすっきり、力強い挨拶をしていよいよ開祭となりました。

 Tシャツコンテストでは、ステージ上からコンセプト紹介をする中、各クラス2名のモデルが体育館後ろから自信作を披露しながら花道を前に進み、ステージでポーズを決めていきます。閉祭式終了時に、生徒はこれだと思ったクラスに投票することになっています。

 有志団体の紹介・宣伝タイムのあとは、ダンス部のミニ発表で会場はさらにヒートアップ。Tシャツの投票を終えた光陵生はそれぞれの活動場所に向かっていきました。

 このような時間はとても素晴らしいものです。じっくりと友人、先輩、後輩の発表や作品に目を向ける時間、各科の取組に刺激を受けて自分の感性を磨く時間です。

 何より光陵生だけ。彼らにとって心の底から楽しむことができる貴重な知見です。


    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

9月5日(木)光陵祭準備中

 いよいよ明日。光陵祭開始です。準備も大詰めです。 クラスの企画、部活の企画、各科の企画、それぞれが暖められていたものがいよいよ形になる時がやってきました。

 装飾に力を入れている者、販売物品のチェックをしている者、それぞれの生徒が自分の役割をしっかりと考えて取り組んでいます。そして、仕事の内容は別ですが、目指すは1つ、光陵祭の成功です。色彩豊かな高校時代でも、特に印象深い色となる貴重な時間、大いに楽しみ、楽しませてください。

 トップにも紹介しましたが、一般公開は7日(土)です。中学生とその保護者の方、地域の方、

卒業生やPTA関係の方、皆さんどうかお越しください。

0