光陵日誌

9月19日  キリバスの方を迎えて (在り方生き方教育)

1学年は午後に、キリバスから講師を迎えて、在り方生き方教育を行いました。

 講師の テベレタアケ・トカンテタアケ さんは、キリバスから来日し、日本のアジア学院で学び、現在はトレーニングアシスタントとして後進を育成しています。

 また、日本人として同学院を卒業し、インターンとして活動している 小林 薫 さんにもおいでいただき、2人からお話を聴きました。

 キリバスは南太平洋の島国で、暖かく美しい海に囲まれています。しかし、国土は海抜の低い土地が中心であるため、地球温暖化による水没が現実問題として大きくのしかかっています。お隣のフィジーに移民する計画が進められているほどです。

 講演では、このような問題も含めてキリバスの様子、生きるための基本である食のことを通して、私たちが国際社会で共に生きることについて、山積する課題について考えさせられました。また、キリバスで盛んな「踊り」の実演などもあり、日本以外の文化や考え方を尊重する心を持つことについても考えるきっかけを与えてくれました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

0

9月19~27日  美術ワークショップ

9月中、美術の実習生が本校に来ています。いわゆる教育実習とは違い、教員免許を取得したうえで大学院に進学し、そこでの研究のために本校での活動をしています。

 実習の締めくくりとして、5日間、放課後1時間程度の時間をとり、生徒の研究協力を兼ねたワークショップを実施しました。

 対象は美術科1年生の希望者。内容は、「擬音(オノマトペ)からのイメージを立体で表す」というものです。

擬音は、「もっちり」「うねうね」「がちがち」「ばたばた」「ぱきん」から1つを選びます。

 初日は、どの「擬音(オノマトペ)」にするかを決め、作成する立体のイメージ(完成図)を描いていきます。なかなか難しそうです。実習生の大学の後輩も駆けつけ、様子を参観していきました。

 2日目から、実際に石粉粘土で造形していきます。平面で描いたものとは違い、立体にするとまたイメージが変わってきたり、現実には作るのが困難な場合があったりします。

 最終日は、作品の発表です。全体の前で、自分の選んだ「擬音(オノマトペ)」を紹介し、作品制作の狙いなどを説明します。苦労がうかがえます。

 一口に粘土と云っても、なじみ深い紙粘土やアブラ粘土のほかにもいろいろあり、石粉粘土と云うものがあることなども勉強になりました。加えて、石粉粘土、今回は白系でしたが、青や赤などの系統もあるらしいということも知りました。

 生徒にとっては、形のないものを形にするという挑戦でしたが、これから先の美術学習に

大いに役立つ経験になったのではないでしょうか。

  

 

 

0

9月18日  表彰会

今学期の始業式は放送でしたので、夏季休業中の部活動などでの実績について、表彰できませんでした。そこで本日、放課後に視聴覚室で表彰が実施されました。

 併せて、文化祭の表彰も実施されました。

 

○表彰伝達 

 

 <美術科>

   第20回 高校生国際美術展 

      全国高等学校美術工芸教育研究会賞 3年 矢澤 耕介

                          (やざわ こうすけ)

      奨  励  賞          3年 阿部 れいな

                          (あべ れいな)

      奨  励  賞                              3年 金井 萌奈美

                          (かない もなみ)

      奨  励  賞                              3年 神田 梓

                          (かんだ あずさ)

      佳     作          3年 唐沢 茉理絵

                          (からさわ まりえ)

 

 

 

 

 <吹奏楽部>

   第60回 埼玉県吹奏楽コンクール地区大会 高等学校Bの部 銀賞

   第60回 埼玉県吹奏楽コンクール県 大 会 高等学校Bの部 銅賞

                                                           代表 3年 大島 駿輝

                          (おおしま しゅんき)

 

 

 <合唱部>

   朝日新聞社主催 第62回 埼玉県合唱コンクール 金賞

                    代表 3年 白石 茉知花

                          (しらいし まちか)

                       3年 富田 あゆみ

                          (とみた あゆみ)

 

 

 <弓道部>

   県央支部高校生弓道大会

        女子団体 第2位 Bチーム  2年 中野 美羽

                          (なかの みう)

                       2年 篠本 美和

                          (しのもと みわ)

                       2年 齋藤 優花

                          (さいとう ゆうか)

             第5位 Aチーム  2年 小平 晴香

                          (こだいら はるか)

                       2年 関口 桃花

                          (せきぐち ももか)

                       2年 町 萌香

                          (まち もえか)

        女子個人 第4位       2年 町 萌香

                          (まち もえか)

             第7位       2年 中野 美羽

                          (なかの みう)

 

 

 

 

 

 <バドミントン部>

   埼玉市民体育大会高校バドミントン競技

        男子ダブルスC       第3位   2年 大嶋 康平

                          (おおしま こうへい)

                       1年 伊藤 叶弥

                          (いとう かなや)

 

 

○第33回光陵祭(文化祭)表彰

 ※得票数により順位決定

 

  T シ ャ ツ コ ン テ ス ト  1位     3年8組

                     2位     3年6組

                     3位     3年9組

 

  部活動・委員会・有志部門      1位     ダンス部

                 2位     リベルテ

                 3位     遭難したシロクマ

 

  テ   ー   マ   賞   1位     3年3組 プラネタリウム

                        「プラネタリウム

                         下から見るか上から見るか」

                 2位     3年8組 お化け屋敷

                        「 Where is my Mother ? 」

                 3位     3年6組 書道パフォーマンス

                        「墨彩乱舞 

                         ~ 40人40色で彩る墨の花 ~」 

 

  H  R  企  画    賞   1位     3年8組 

                 2位     3年6組 

                 3位     2年7組 雑貨販売

                        「幻燈堂」

                 3位(同数) 2年8組 演奏&販売

                        「シューハウス 

                         ~ table with music ~ 」

 

 

  特  別  功  労   賞           2年7組 アーチ制作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2学期も活躍の場は広がっています。頑張っていきましょう。

 

0

9月13日  「13日の金曜日」「仏滅」しかし「中秋の名月」

暦の上では、本日「13日の金曜日」かつ「仏滅」で、何かマイナスのイメージが先行している今日ですが、実は中秋の名月の一日でもあります。

 天気予報では曇りでしたが、夜になってすぐに雲の合間からその姿を現しました。東の空に佇む姿とあたりを照らす透明感のある光は、静謐で心を落ち着かせるものです。

 月見の団子をお供えして、その雰囲気を味わいつつ、普段とは違う、ゆったりとした時間を楽しむのも良いかもしれません。

  

0

9月12日  周辺清掃

1年生が、学校の周辺清掃に出発しました。ここ数日の荒れた天候のあと、様々なものが散乱し、木の葉や枝なども落ちています。

 クラスごとに担当区域でゴミ拾いなどを行い、集めたゴミは集積所に持っていきました。

清掃することで、気が付くことや考えることが沢山あります。ビニール袋を拾いながら環境問題のことを考えたり、コンクリートの隙間から顔を出している小さな植物を見て生命力を感じたり、その植物に興味を持ったり、普段見過ごしていることに目を向ける良い機会になります。

 また、普段見守ってくださっている地域へ、学校から目を向ける意味もあります。

 地域に愛される学校でありたいと思っています。よろしくお願いします。

 

 

0