光陵日誌

2月10日(水) 予餞会

 本日午後、本校体育館にて予餞会を開催しました。

 今年はコロナ対策で、時間や規模を縮小し、3年生は体育館で鑑賞し、在校生は各HRでgoogle meetにて鑑賞しました。

 例年とは違う状況ではありましたが、何故かとても心が暖かくなり、終盤で学年の先生一人一人が「はなむけの言葉」を送る場面では目頭が熱くなるのを禁じえませんでした。3年生と3学年団が一番近づいた瞬間ではなかったのではないでしょうか。

 社会全体が沈み気味な状況の中、このような企画を実現してくれた生徒会と放送部をはじめとする1,2年生の皆さんとご指導いただいた先生方には感謝申し上げます。

 そして、3年生の皆さん、次はいよいよ卒業式です。これまでのこと、これからのことを胸に抱いて笑顔で臨んでください。

 

 

0

2月2日(火) 百人一首大会 決勝

 本日放課後、本校ルミナスホールにて、百人一首大会の決勝を開催しました。

 今年度はコロナウイルス感染予防対策の関係もあり、例年通りの形での開催はできませんでしたが、今日までに各クラスや学年での予選を勝ち抜いた32名の生徒によって熱戦が繰り広げられました。

 決勝大会に相応しく、下の句が詠まれる前に札が取られてしまうなど、非常に高いレベルでの勝負となり、会場には張り詰めた緊張と静寂、そして直後に聞こえる札を取り合う息遣いが終始漂っていました。生徒の皆さん、よく頑張ってくれました。

 なお、掲載させていただきました写真の最後は1位から6位までの皆さんです。

 

0

1月31日(日) 卒業演奏会開催

 本日、彩の国さいたま芸術劇場音楽ホールにて第33回音楽科卒業演奏会を開催しました。

 今回はコロナ対策で一般公開はせず、音楽科生徒並びに卒業生保護者の方々に限定し、さらに入場制限を行っての開催となりました。

 演奏会はというと、3年生は音楽科で過ごした高校生活の集大成にふさわしい、大変立派な演奏を、一人ひとりが感謝の想いを込めながらホール中に響かせることができました。また、演奏を聴いていた1,2年生にとっても大変有意義な時間となりました。

 今年度は例年とは全く違う環境の中で、改めて音楽のよさや美しさを感じる一年間となったような気がします。また、例年は多くのお客様の前での演奏の機会がございますが、今年はその機会の多くを失ってしまいましたが、またいつの日か、たくさんのお客様の前で音楽ができることを切に願い、これからも豊かな人間性を磨き続けていってほしいと思います。

 

0

1月28日(木) 校内演奏会最終回

 本日午後、本年度最後となる校内演奏会が開催されました。

 今年度はコロナ対策で入場制限を行ったため結果的に「固定客」的な状況でしたが、最終回となった本日は、演奏会の終了直後に「本当に心地よいひと時だった」という言葉が自然と漏れていたのが大変印象的でした。

 最後の演奏はピアノ、トランペット、クラリネット、フルート、チューバ、ヴォーカル、パーカッションのソロを音楽科1年生5名、2年生7名の計12人が立派に締めくくってくれました。

 1年間ご覧いただきありがとうございました。来年度は是非従来の演奏会に近い形で開催できることを願って止みません。

 

0

1月21日(木) 新年最初の調べ校内演奏会再開

 本日午後、前回から2ヶ月半ぶりとなる校内演奏会が開催されました。今回も遺憾ながら新型コロナウイルス感染防止ということで、客席の間隔を空け、生徒と職員のみの開催とさせていただいております。

 会場には、普段教えている他教科の職員も聞きに見え、授業の時とは違う姿に、改めて驚きと感動を禁じ得ない様子でした。このように心に潤いを与えてくれる音楽、コロナ禍の今だからこそ必要ではないでしょうか。

 本日はピアノ、トランペット、チューバ、ヴォーカル、パーカッションのソロを音楽科1年生5名、2年生4名の計9人により披露してくれましたが、1年生は入学当初に比べ確実に成長を遂げていましたし、2年生は演奏に深みが増し、最終学年に向けて期待が高まってきました。

 次回の演奏会が今年度最後となりますが、改めて本ホームページに掲載させていただきます。

 

0

1月16日(土) 今年度最後の学校説明会

 今年度最後になる学校説明会が開催されました。いよいよ新しい年を迎え、学力検査まで41日になりました。

 3年生の皆さん、ここで自分のやるべきことをもう一度確認し、計画的に準備を進めましょう。

 特に、新型コロナウイルス感染予防の観点から体調の管理には十分気を付けなければならいことは言うまでもありませんが、限られた時間を最大限に活かしてください。そして最後の頑張りは、その高校に行きたいという気持ちの強さで決まります。今日見た光陵高校の姿をモティベーションに変えて頑張ってください。

 本日はご参加くださりありがとうございました。

 

0

12月23日(水) 防火防災訓練を実施

 本日午前、本校において、防火防災訓練を実施しました。

 新型コロナウイルス感染症対策を講じながらの実施となった今回は、消防署員の皆様のご指導のもと、地震により火災が発生したという設定での訓練でした。

 生徒は落ち着いて黙々とグランドに避難でき、消防官の指導講評でもその点を評価いただきました。

その後、3年生は各教室に戻って防災について資料を用いて学びました。2年生は消防署員の方のご指導で水消火器を用いた訓練を行いました。1年生は起震車体験を行いました。

1,2年生全員が体験訓練をしたわけではありませんでしたが、皆真面目に真剣に取り組んでいました。

 本日ご指導いただきました消防署員の皆様、本日はありがとうございました。

 

0

12月21日【ルール革命委員会】考えるキッカケに(その2)

◆本校生徒なら誰でも知る委員会。先日(12/2)の校長先生との懇話会に続き、先生方との懇話会「トークセッション」で意見交換を行いました。ルール革命委員からは先生たちに質問票が出され、これをもとに生徒と先生一緒に考える時間を持つことができました。◆おもな質問は、
・学校内スマホ使用のメリットとデメリットなにか?
・生徒へのアンケートで「ゲ―ムがしたい」という意見があったが、学校内でのゲームはどう思うか?
・生徒にルールを守ってもらうにはどうすればいいか?
などです。さて、皆さんはどう思いますか???

◆埼玉新聞(12/22付)にてルール革命委員の取組みが「スマホの緩和どこまで」の見出しで掲載されました。内容は…頑張って手に入れて読んでみてください。(本校生徒にはルール革命通信と合せて配布します。)

 

0

12月21日国際理解教育特別講演会

 外国語コース1年生と2年生を対象に、埼玉県教育局県立学校部高校教育指導課の スミヒロ・シセラ・マリエン 様から御講演をいただきました。

 アルゼンチンの位置、国旗、国歌、文化、伝統芸能、盛んなスポーツや観光地の紹介に続いて、日本との違いについて、クイズを交えながらのお話に、生徒たちも大変興味深く聴き入っていました。大学を卒業する際に、英語を習得することの必要性を感じたこと、外国語を学ぶことで世界の人々とのコミュニケーションが広がること、留学や海外で働く機会があればチャレンジしてほしい、と生徒に向けたメッセージも頂戴しました。

 最後に、”Hola me nombre es ~”、”Yo soy de JAPON."、"Mucho Gusto."、"Gracias"等、スペイン語での簡単な挨拶についてもレクチャーをしていただきました。

0

12月18日(金) 高校生のための教員志望者説明会を開催

 本日放課後、本校視聴覚教室において、毎年恒例の「高校生のための教員志望者説明会」を開催しました。

 今年度は、県の教職員採用課より採用試験担当の福島主事を講師としてお招きし、前半は職場環境から始まり、主な仕事内容や学校の働き方改革に至るまでその魅力について余すことなくお話しいただき、後半は教員になるための具体的な方法について、教員免許状ことや採用について分かりやすく情報提供をしていただき、実際の採用試験問題にもチャレンジさせるなど大変有意義な時間をご提供いただきました。

 終了後は何人かの生徒からの質問に個別にご対応いただき、この説明会が、生徒にとって教員を目指すとい気持ちを再認識させる良いきっかけとなればと願ってやみません。

 

0

12月18日(金) 保健講話開催

 本日、全校生徒対象の保健講話が本校体育館を会場に開催されましたが、コロナ対策ということで、1日がかりで学年毎に分散しての開催となりました。

 今年度は、「多様な性ってなんだろう?~互いの違いを受止めあえる社会を目指して~」と題して、特定非営利活動法人ReBitの方2名と某コーヒー販売メーカーより2名の方を講師にお迎えし、実際に”今”を生きているLGBTの生の声を届けることで、無機質な情報や知識だけでは伝わりきらない人肌の温度での理解・共感につなげ、「自身も含め、皆が多様な中の一人である」ということの体感的理解を促進するという内容で、各学年の会とも、生徒たちが真剣な眼差しを向け、一生懸命聞き入っている姿を見るにつけ、その思いは確実に伝わったのではないかと思いました。その証拠に、学年毎終了後に行われた個別相談は大盛況で、応じてくださった講師の方々はもちろん、本校養護教諭をはじめとするスタッフも大わらわでした。

 本日はありがとうございました。

 

0

12月5日(土) 【書道科】第4回説明会(最終)開催

 本日、本年度最後となる第4回書道科説明会が開催されました。

 今回も過去3回同様、3密対策の観点から全体を午前・午後の2回に分けて開催しました。およそ60名の中学生及び保護者の皆様にご参加いただきました。

 今回は最後ということと受検本番も近いということで、実技検査に重きを置き、第一書道室にて前回同様の実技講習会を実施しました。(本日も個別相談は希望者中心に行いました)

 本番さながらに、各机に一人ずつ着席して一定時間内に漢字とかなを書きます。次に保護者の方々がお子さまとご一緒に着席していただいてから、書道科職員による講習会となります。講習会では、漢字・かなそれぞれに合った筆選びから始まり、字形の取り方や点画の太さ・長さなど様々な解説があり、そして、最後にそれを踏まえた上であらためて清書しました。その際には、書道科職員全員で巡回し、一緒に筆を持って書くなどのアドバイスをしました。

 ご参加いただいた生徒の皆さんは、良い意味での緊張感漂う中、真剣な面持ちで取り組んでいました。入試に向けた、より一層の実践力を身に着けていただけたものと思います。

 全体的な説明会は今回で終了ですが、個別相談は引き続き実施します。詳しくは本校ホームページをご覧ください。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

0

12月2日【ルール革命委員会】考えるキッカケに

本校生徒なら誰でも知る委員会。情報モラルの啓発を軸に2年目の活動になりました。その目標は、「学校でのスマホの扱いを生徒主体・生徒自治で見直そう。ルールやモラル、判断力を身に付けよう」というもので校内でのスマートフォンをはじめとするネット利用のあり方を検討し、話合いを重ねています。◆生徒や先生方へのアンケート、学校行事でのスマホの扱い等々、これらを(ほぼ)月1回『ルール革命通信』を発行し、学校全体に良き波紋と考えるキッカケを作っています。昨年は、校内規程の改定と合せて、大宮光陵高校『ネット利用3ないルール』を作成しました。
1.学業に支障がないようネットに依存しない。

2.相手の同意がない写真・動画は掲載しない。

3.状況にふさわしくない使用はしない。

◆この日は校長先生との懇話会で意見交換を行い、昼休みや学校行事でスマホの使用という話題で、校長先生からは「自由と責任」「革命はその後取り組みが重要」との言葉がありました。◆スマートフォンやネットが原因のトラブルやマナー違反は、高校生だけではなく社会が抱える課題です。ご家庭でも、改めて考えるキッカケにしてみてください。
※穏やか、真剣な表情は承諾を得て掲載しています。
 


0

11月28日(土) 音楽科並びに外国語コースの説明会・体験授業を開催

 本日午前、音楽科は3回目、外国語コースはの2回目となる説明会・体験授業が本校を会場に開催されました。

 音楽科も外国語コースも本年度最後ということで、両説明会に合計150名にも及ぶ多くの中学生・保護者の方々にご参加いただきました。

 音楽科は、全体説明会、専攻別説明会(副科実技体験を含む)、ミニコンサート、ワンポイントレッスン(希望者)、個別相談、と充実した内容でしたが、実技試験の内容が確定し、入試本番が近づきつつあるという緊張感漂う中、皆様の真剣な面持ちが大変印象的でした。

 外国語コースは、全体説明会、体験授業、校内ツアー、個別相談という、こちらも充実した内容で、入試本番を間近に控え、目を輝かして聴き入っている表情が大変印象的でした。

 そして、両説明会とも今回は在校生にも話す側に加わってもらい、学校での日頃の様子をより詳しく知っていただくことができました。在校生の皆さんありがとうございました。

 最後に、来年受検をされる皆さん、心と体の健康と学力の維持管理に十分気をつけてこれからも頑張ってください。本日ご参加いただいた皆様、まことにありがとうございました。

0

11月25日(水) 1学年「からだの科学」講演会開催

 本日午前、本校体育館にて大谷貴子(おおたにたかこ)先生をお招きし、「生きてるってシアワセ」という演題でご講演いただきました。

 大谷先生は、ご自身が白血病に罹患され、骨髄移植で病を克服されましたが、そこに至るまでの過程に於いて、多くの患者さんや医師との出会いの中で生と死を見つめ、自らも葛藤を繰り返し、骨髄バンクの重要性や必要性を強く世間に訴えかけ、現在の「日本骨髄バンク」を設立された方です。そんな先生の講演会も本校では10年以上続く恒例行事となっています。

 講演では、ご自身もご出演なさっている「日本骨髄バンク」設立までの様子を描いたドキュメンタリーテレビ番組の視聴から始まり、続いて、健康というもの、生きていくとはどのようなことなのかなど、強い思いやエネルギーを感じました。そして、「健康な人だけが協力できる。献血できるというのは健康な証(あかし)です」という言葉が心に染みました。

 光陵生にとって、自分の人生を考えるありがたい機会をいただいたと思います。ありがとうございました。

 

0

11月16日【3年生】薬物乱用防止教室

埼玉県警察本部「あおぞら」より講師を招いて薬物乱用防止の講話をいただきました。
 ネット上で薬物が出回っていること、また特殊詐欺についても詳しい説明がありました。薬物や犯罪から身を守るには、普段からルールや決まりを守る生活を送ることが大切との話がありました。
 3年生にとっては薬物の危険性について直接学ぶ機会はこれが最後になる人も多いと思います。保護者の皆様、今回の講話をお子様と振り返り、ご家庭でも話題にしてみてください。

 

0

【地理】フィールドワーク(秋)

  フィールドワークとは、地形図や史料をもとに、実際にその場所を訪れて観察する学習です。今回は「防災」をテーマに、事前にハザードマップと、昨年10月の台風19号での被害や避難場所として指定されている大宮光陵高校の役割を学び終えています。◆今回のフィールドワークでは、関沼とよばれる堰堤(えんてい)を訪れ機能を考えました。また水判土(みずはた)の慈眼寺では付近の土地利用の移り変わりを、地形図とともに見比べました。生徒からは「この付近は荒川と鴨川に挟まれ、昔は洪水が多い地区だとわかった。」「地域を知ることも日頃の備えになると思う」との感想がありました。 ◆フィールドワークは季節やその日の天気、今年は特に社会情勢の変化も重要な要素で、例年は春と秋に数回実施しています。この他、本校の近くには古墳群(6世紀頃建造)や植水公民館に併設されている民具収蔵庫、荒川から取水する大久保浄水場など様々な地域資源があり、これらの施設に協力をいただきながら様々な学びを得ています。

 

 

  
後2枚の写真は前回までのものを掲載しています。

0

10月31日 【書道科】第3回説明会開催

 本日、本年度第3回目の書道科説明会が開催されました。

 今回も過去2回同様、3密対策の観点から全体を午前・午後の2回に分けて開催しました。およそ70名の中学生及び保護者の皆様にご参加いただきました。

 これまで同様、校長挨拶、学科長による書道科の概要説明と入試についての話の後、本日は第一書道室に場所を変えて実技講習会を実施しました。(本日の個別相談は希望者中心に行いました)

 入学者選抜の実技検査さながらの講習会ということで、皆さん緊張した面持ちで真剣に取り組んでいました。中にはそんなお子様の様子に刺激されたのでしょうか、隣に座っている保護者様による熱い“ご指導”も見受けられ、とても実りある体験をしていただけたものと思います。

 なお、説明会は次回12月5日(土)が最後となりますが、11月から平日の17:00以降と土曜日の午前或いは午後に個別相談も予定しております。詳しくは11月になりましたら順次本校ホームページに掲載しますので是非ご覧ください。皆様のお越しを心よりお待ちしておりますので、どうぞよろしくお願いします。

 

0

【3年地理】街歩き紹介

街歩きの映像を視聴して,その街を紹介するために模造紙にまとめています。
今回取上げた街は,東南アジアのベトナム南部の『カントー』。
メコン川のデルタ地帯に位置し、海に面した熱帯地域の街ですが,生徒は文化や習慣の異質性に気づいたようです。これまでに学んだ,面積や人口,歴史的背景、気候のグラフなど、様々データを比較したり、オモシロ情報や立体物などで工夫するグループが多くみられました。完成したものは1階社会科室前に掲示します。学校説明会などの際お立ち寄りご覧ください。(全作品でなくてスミマセン)本校地歴公民科では体験型、実践的な学習で生徒の主体的な学びを重視しています。
     

0

10月28日(水) 待ちに待った体育祭

 今年度は、コロナ禍の影響で、例年5月に開催していました体育祭が延期となり、一時は開催も危ぶまれていました。しかし、生徒のために何とかならないだろうかという思いの下、新型コロナウイルス感染防止対策をしっかり取った上で、無観客、規模の縮小並びに競技内容の工夫をし、本日ようやく開催の運びとなりました。

 それでも、久しぶりの全校生徒によるこのイベントに、例年になく思い切り笑顔で汗を流し、思い切り身体を動かしていました。まさにスポーツの秋そのものでした。そして思いました。例年とは違う今回の体育祭、ある意味それを体験共有した生徒はもちろん、われわれ職員にもいつまでも忘れ得ぬものになったのではないでしょうか。

0