学科紹介
書道科(教育方針・主な行事)
教育方針

書道を専門的に学ぼうとする生徒に対して基礎的・専門的な知識や技術を習得させるとともに、豊かな心情・感性を養い、書道文化の発展に寄与する態度や能力を育成します。さらに生徒一人一人の個性を生かし、進路志望を達成するためにも、一般教科の学習を重視し、各学年一学級の少人数制による専門教育を実施しています。

個性に応じた専門教育




 ー 幅広い専門科目と高度な専門教育 ー

充実した一般科目

 ー 文化系大学進学に必要な科目の重視 ー

伝統文化の継承と地域文化の向上

 ー 伝統文化を学ぶ授業と専門家による指導 ー

豊かな情操と審美眼を養う書道科の

行事   

 ー 特別講座 ー
 ー 書道概論演習・美術館見学 ー
 ー 書道史演習旅行 ー
 ー 日台友好親善訪問 ー
 ー 書道科展 ー
書道科の主な年間行事

書道科ならではの行事を通じて豊かな情操と審美眼を養います

書道概論演習

  

(書道博物館)

 

特別講座

※詳細は下にあります。

 

書道史演習旅行

上:長野・天来記念館

下:群馬・多胡碑記念館

 

日台友好親善訪問

 

 

上:淡江大学との交流会

下:中央研究院歴史言語研究所

 

光陵祭

 

   
書道科対面式
新入生歓迎書道展

書道概論演習

特別講座

 

 

書道史演習旅行

 

 

 

 

 

 

 

日台友好親善訪問 

 

     ■全国高等学校 総合文化祭出品

 

 

 

 

光陵祭書道展

児童・生徒書道展

日台友好親善訪問帰国報告会

全国書道展出品・見学
美術館見学

 

 

 


埼玉県高等学校書道展

         出品

 

特別講座

 

 

書道科展
卒業論文発表会
特別講座

 

 

 

 

 美術館見学

  

  (成田山書道美術館)

 

 高校書道展

  

 

 特別講座

 ※詳細は下にあります。

 

 書道科展

  

 卒業論文発表会

  

 特別講座

 ※詳細は下にあります。

 

 

書道科特別講座

年3回、外部から有識者や大学の先生などを講師として招聘し、充実した講座を展開することによって、専門的な知識を身に付けます。

 

第75回 中林 史朗 先生

    (大東文化大学文学部中国文学科教授)

    「言葉と表現 ~漢語・和語と書~」

第74回 齋藤 克美 先生

    (大東文化大学文学部書道学科講師)

    「考えること」

    

中林史朗先生    齋藤克美先生

 

第73回 小川 博章 先生

    (淑徳大学教授)

    「碑帖拓本の魅力」

第72回 松村 一徳 先生

    (中国天津大学名誉教授、

     早稲田大学招聘研究員、

     シールロード研究所長 他)

    「書を鑑賞する力と活かす力」

第71回 本橋 恒雄 先生

    (元埼玉県高等学校長協会副会長、

     埼玉県教育功労者表彰、

     叙勲瑞宝小授章受章 他)

    「書道教育者としての歩み」

    

小川博章先生  松村一徳先生   本橋恒雄先生 

 

第70回 古谷  稔 先生

    (東京国立博物館名誉館員)

    「漢字仮名交じりの書の魅力」

第69回 高城 弘一 先生

    (大東文化大学教授)

    「古筆と料紙」

第68回 新井 光風 先生

    (大東文化大学名誉教授、

     日展理事 他)

    「書くこと・考えること 

      -書の本質の追究ー」

    

古谷 稔先生   高城弘一先生   新井光風先生 

 

第67回 加藤 康弘 先生

    (文部科学省初等中等教育局

     教育課程課教科調査官、

     東京学芸大学教授)

    「書の魅力とその専門的な学び」

第66回 杭迫 柏樹 先生

    (日展会員、日本書芸院名誉顧問、

      京都府文化功労者 他)

    「文字の美しさは

      一国の文化のバロメータ」

第65回 佐野 光一 先生

    (國學院大学教授)

    「漢字とカタカナ」      

    

加藤泰弘先生   杭迫柏樹先生  佐野光一先生