書道科14期生 大沢珠弥子(中国・浙江外国語学院大学 日本語学科 日本語教師)

大沢珠弥子

平成21年度卒業 書道科14期生

中国・浙江外国語学院大学 日本語学科 日本語教師

日高市立高麗川中学校出身

 

私は高校を卒業後、大東文化大学の書道学科に進学し、卒業後は留学生として中国の大学院修士課程で書道を学び卒業しました。そしてその後も中国に滞在し、現在は浙江外国語学院という大学の日本語学科に所属し日本語教師をしています。学生は平仮名片仮名の五十音から学び始め、ビジネス日本語や文学、文化に関する内容まで幅広く勉強します。日本語は難しい言語の一つとされていますが、情報社会が進んだ今では、学生たちはドラマや映画、漫画などを通してすでに日本語に慣れ親しんでいます。自分の興味から専門に発展させている学生が多いので、学習態度も意欲的です。

私が中国へ留学しようと思った理由は、簡単に言うと中国が漢字文化の発祥地だったからです。日本にいても知識として得られることはたくさんありますが、現地に行きこの目で見たものに勝るものはないと信じていました。それには大学4年間で担当の先生に文献を読めば必ず原典を見なさい、元を辿りなさい、現物(図版)を見なさい、との助言を繰り返し聞いていたので常にその教えのもと勉学に励んでいたという背景があったからです。また、もう一つ中国行きのきっかけとなっていたのが、高校時代に書道科の行事の一つとして訪中した経験です。一週間の滞在で北京・西安・杭州・上海の四都市を回りました。北京では誰もが知る故宮博物院や万里の長城を訪れ、歴史の重みを肌で感じました。また現地の方々と書道を通して交流できたことも、当時の私たちにとって印象深い経験の一つです。学びに積極的な同世代の力強いエネルギーを目の当たりにした衝撃は、10年以上経った今でも自分に影響を与え続けています。そしていつかまた自分は中国へ行くと心に決めていました。

大宮光陵高校の書道科は人生の財産となるような経験を積極的にさせてくれるところです。この学科で過ごした日々は3年とは思えないほど濃くかけがえのない時間でした。眠い寒いと言いながら早朝の電車に乗って参加した毎朝の補講や展覧会に向け浮き沈みしながら遅くまで書き込んだ時間などどれも大変だったはずですが、一度も休まず続けられたのはやはり楽しかったからだと思います。古典を理解して学ぶ楽しさ、各時代各地域によって異なる書の美意識、文字文化と歴史との繋がり、日本固有の美しさなど一つの学問を通して新たな世界を知ることに喜びを感じました。私は中学時代、勉強はあまり好きではありませんでしたが、書道に熱中すると共に不思議と興味を持つ科目も増え、何事にも打ち込めるようになりました。

皆さんもぜひ光陵高校の書道科で充実した高校生活を送りましょう。

書道科23期生 髙橋杏奈 (筑波大学 芸術専門学群 美術専攻 3年)

髙橋 杏奈

 平成30年度卒業 書道科23期生

筑波大学 芸術専門学群 美術専攻 3年

さいたま市立大砂土中学校出身

 私は、小学生の時から書道を習い始めました。そこから、文字を書くことの楽しさを知り、もっと書道の技術を高めたいと思い、全国で唯一の書道科がある大宮光陵高校を受験することを決めました。

 実技科目では、「楷書」、「行書」、「草書」、「隷書」、「篆書」、「仮名」などの書体をまんべんなく学習し、技術を高めることができます。さらに、理論科目では時代背景や書風の特徴を理解し、表現にも繋げることができます。また、美術館見学や書道史演習旅行などの校外行事で普段見ることができない書作品を鑑賞することができ、貴重な体験ができました。私は、実際に行事以外でも多くの展覧会に足を運ぶようになり、書くだけではなく、鑑賞することの楽しさを知りました。そして、たくさんの人に書の素晴らしさや魅力を伝えたいと思うようになり、大学でも書道を専門的に学び続けています。

 私は、3年間バレーボール部と書道部に所属しており、忙しい生活を送っていましたが、わずかな隙間時間を大切にして、学習との両立にも努めてきました。学習、部活動、書道の作品制作の両立は思っていた以上に大変で、壁にぶつかることも多くありましたが、3年間一緒に作品制作をしてくれた仲間、相談に乗って下さった先生、家族に支えてもらい、充実した時間を送ることができました。

 皆さんも是非、大宮光陵高校の書道科で書道を学んでみてください。

書道科20期生 山本真里奈 (帝京科学大学 医療科学部 東京理学療法学科 )

山本 真里奈

平成27年度卒業 書道科20期生

帝京科学大学 医療科学部 東京理学療法学科

さいたま市立土屋中学校出身

 私は高校で、自分の興味のある分野を専門的に学びたいと思い、全国唯一の書道科がある大宮光陵高校を受験しました。書道科の授業では、実技の授業に加え、書道概論や鑑賞研究などの授業から理論を学ぶことが出来ます。また、美術館見学、特別講座などの行事を通して、日々の学習の大切さを実感することが出来ました。

 私は、在学中に新たな夢を見つけたため、書道とは別の進路に進むことを決めました。大学に入学する前は、学習面に不安がありましたが、一生懸命勉学に取り組んだ結果、大学3年生の時に特待生になることができました。これは、書道科での作品制作などを通して忍耐力や継続力だけでなく、目標に対して努力をし、物事を成し遂げる力を身に付けることが出来たからだと思います。また、書道科は3年間同じ仲間達と時間を共にします。そこで身に付いた協調性やコミュニケーション能力は、校外の実習時に患者様や周囲の方へ配慮をする際や患者様との会話の場面に活かすことが出来ました。

 高校生活で多くを学びましたが、大宮光陵高校で過ごした3年間は私にとって、かけがえのないものになりました。ぜひ皆さんも、自分の可能性を広げ、充実した学校生活を送って下さい。

書道科18期生 長谷川 睦 (埼玉県立川口東高等学校教諭)

長谷川 睦

 平成25年度卒業 書道科18期生

埼玉県立川口東高等学校教諭

白岡市立白岡中学校、東京学芸大学出身

  

 私は大宮光陵高校の書道科を卒業した後、書道の教員免許を取得できる大学に入学し、現役で念願の教員になることができました。

 書道科では少人数で行う授業体制を取り入れているため、一人一人が個別に熱心な先生方の手厚いご指導を受けることができます。書道の教員が豊富であるからこそ行うことのできる授業形態です。また、実技だけではなく、篆刻・刻字、実用の書、紙漉きなど、他の高校では学ぶことのできない多くの経験をすることができます。そして書道の歴史についても詳しく学習でき、大学受験や教員採用試験にも繋がる深い学びができます。

 また、代々書道の教員志望者が多く、採用試験に合格し活躍されている卒業生も大勢います。そのため教員採用試験の対策として、定期的に勉強会を開き、実際に教員になられた先輩方から直接指導を受けたり、年代を超えて同じ夢に向かって突き進むことができました。

 今高校選択で迷っている中学校のみなさん。何か目標ややりたいことを見つけ、充実した三年間を送って欲しいと思います。ただ待っていても時間が過ぎていくだけです。大切なのは、勇気をもって行動に移すこと!!!

 私が中学生の時、普通科の高校と書道科のある大宮光陵高校でとても迷いました。高校を卒業して5年経ちますが、今でも繋がっている先生方、先輩方、友達に出会えたこと、そして充実した環境で専門的に書道を学べたことは、私の人生を大きく変えてくれ、かけがえのないものとなっています。私のあの時の選択は間違っていなかった、と胸を張って言えます。

 ぜひ皆さんも大宮光陵高校の書道科で青春を謳歌しませんか?

書道科15期生 田村彩華 (公益財団法人成田山文化財団成田山書道美術館学芸員)

田村 彩華

平成22年度卒業 書道科15期生

公益財団法人成田山文化財団成田山書道美術館学芸員

さいたま市立土合中学校出身 

 

 私は、高校を卒業後大東文化大学書道学科に進学しました。そこで、学芸員の資格を取得し、現在成田山書道美術館に勤務しています。実際に書作品や資料などを扱う仕事に日々やりがいを感じています。

  今の私があるのは大宮光陵高校での充実した3年間があったからです。中学生の時、説明会に参加し、自分も実際にここで書道を学びたいと思い受験しました。書道科では書くことはもちろんのこと、書道を理論から学び、また美術館見学、特別講座などの行事を通して幅広い視野から書を学ぶことができます。これらの経験は私にとって新たな発見、感動の連続でした。書に対する関心が高まりさらに深めて学びたい、この先も書に携わっていたいという将来の方向性を見い出すことができました。

  書道科には、素晴らしい施設・設備の環境のもと、丁寧に指導し、支えてくれる先生方がいらっしゃいます。自分の可能性を広げ、充実した学校生活を送れる場所だと思います。

 

書道科13期生 森 将吾 (朝霞市立朝霞第三小学校教諭)

森 将吾

平成20年度卒業 書道科13期生

朝霞市立朝霞第三小学校教諭

入間市立西武中学校出身

 私は書道科で学んだ書道の知識を活かして書写教育に力を入れていきたいと考え、小学校に勤務しています。子どもたちに書写の魅力を伝えたり、基本的な技術の指導をしたりする際に書道科で学んだことが活かされています。

 私は小学校6年生から書道教室に通い始めました。始めは小学校の課題である書き初めが少しでもうまく書けるようになりたいという思いでした。毎週通っているうちに書道の魅力にのめり込んでいきました。中学校3年生の12月に書道科を知った時、これこそ自分の進むべき道だと強く感じました。そして、それまでの志望校から切り替え、すぐに受験を決めました。書道科の整った施設、書を思う存分勉強できるカリキュラムが決め手でした。

 書道科の授業は中国書道史や日本書道史、実用の書や篆刻などの幅広く高度な専門知識を身に付けられ、大変魅力的です。また、海外への親善訪問や国内への研修旅行、美術館見学など審美眼や感性を養う行事なども書道科でしか味わうことのできない貴重な体験です。年度末に実施される書道科展には一番力が入ります。何か月も前から作品制作をし、何枚も何枚も書き直し、出来上がった作品が飾られた時には何とも言えない達成感や充実感でいっぱいになります。学年を重ねるごとに難しい作品に挑戦することで、自分の成長も実感できます。

 大宮光陵高校書道科は、整った施設と支えて下さる先生方、一緒に頑張れる仲間がいる最高の場所だと思います。皆さんも大好きな書道を三年間思い切り学びませんか。