「コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」多角的・総合的に英語を学ぶ

 この科目では発音・単語・文法語法・読解など、総合的に英語を学習します。多様な音読練習や文法問題演習の反復を通して、英語基礎力の定着を目指します。また、実践力のアップため、長文読解演習(精読・速読)やリスニング練習も行います。充実したインプット学習と並行して、英語を書く・話すというアウトプット学習も行います。

「英語表現Ⅰ・Ⅱ」さらなる英語表現力をめざして

 「コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」で学んだことを活かしつつ、さらなる英語表現力の強化を目指し、クラスを半分に分けた少人数で授業を行います。ALTの指導により、自然な表現力を学び、様々なテーマに応じて文章を書きます。発表活動を通して、場面や目的に応じた表現力を身に付けます。

「英語理解」大学受験へ向けて

 「英語理解」は普通科より単位数が多く(普通科2単位/外国語コース3単位)、クラスを半分に分けた少人数で授業を行います。新大学入試に対応した演習問題を解くことで、様々な形式の入試に対応できる力を養います。

「国際コミュニケーション」伝える力を養う

 ALTによるスピーチ・プレゼンテーション指導が中心の授業です。クラスを半分に分けた少人数で授業を行います。学習した内容を踏まえて、校内スピーチコンテストに臨みます。1年時ではスピーチ・プレゼンテーションの基礎を学びます。2年時ではそれらを深化させ、最終的にはディスカッションの実施を目指します。

「異文化理解・フランス語」多文化、英語以外の外国語を知る

 2年時から2年間、いずれかを選択し、2・3年時で学習します。ともに少人数授業です。フランス語は第2外国語としての基本を学び、異文化理解はALTから海外文化の共通点、相違点を学びます。言葉のよりどころとなる文化を知ること、英語とは異なる外国語の学習を通して得られる気づきは、どちらも外国語コース生徒の英語力向上に役立つものです。

教育課程

カリキュラム(2020年度生)

~工事中です~

 

 

◎外国語コース トップページに戻る◎